後見制度、相続手続の専門相談センター

後見制度・相続手続・遺言書作成の専門相談センター
株式会社アンサーブ

telephone3.png

souzokumain02.png

HOME > 基礎知識 > 相続の流れ

相続の基礎知識

相続の手続き

相続が発生した場合、手続きが複雑な上やらなければいけないことがたくさんあります。 それぞれ請求先や必要書類も異なるので、効率よく行わなければ、多大な労力と時間がかかってしまいます。なかには期限がある手続きもあるので、注意が必要です。 下記に、被相続人の死亡後の一連の流れをまとめました。

1.被相続人が亡くなる

 市区町村長に死亡届を提出します(7日以内)。
 相続は被相続人の死亡により開始します。
 遺産の調査確認をしていく。

2.遺言書の有無を確認する

 自筆証書遺言・秘密証書遺言の場合は家庭裁判所の検認が必要です。

3.限定承認・相続放棄の手続き

 相続の放棄、限定承認を選択する場合、申述を家庭裁判所へ(3ヵ月以内)。

4.被相続人の所得税と消費税の納付

 被相続人の未納付の所得税と消費税は、4カ月以内に納付する必要があります。

 遺産分割協議書の作成、相続税の申告準備も概ねこの時期までに行います。

5.相続税の申告と納付

 相続税の申告と納付は、10カ月以内に行わなくてはなりません。

 遺産の名義変更も概ねこの時期までに変更していきます。

まずはお気軽にご相談ください