後見制度、相続手続の専門相談センター

後見制度・相続手続・遺言書作成の専門相談センター
株式会社アンサーブ

telephone3.png

souzokumain02.png

HOME > 基礎知識 > 相続範囲

相続の基礎知識

法定相続人の範囲

法定相続人とは、被相続人の配偶者、子(養子を含む)、直系尊属(父母や祖父母等)、兄弟姉妹などをいいます。
被相続人の子が、被相続人の死亡以前に死亡していたときには、孫が子を代襲して相続します。兄弟姉妹が以前に死亡していたときも兄弟姉妹の子が兄弟姉妹を代襲します。

souzokuhani02.png

相続人の区分  順位
相続人となる者
 配偶者相続人 常に相続人となる  配偶者
血族相続人 第一順位 子(養子を含む)
第二順位 直系尊属(父母や祖父母)
第三順位 兄弟姉妹



分からないことはご相談を!


後見・相続・遺言の専門センターである当社は、簡単なご相談だけでも歓迎です。
いつでも迅速・丁寧を心がけ対応いたします。

「自分も相続人のはずなのに、何の連絡もない・・・相続人じゃないのかな?」
「兄が相続人を代表して処理するって言ってたけど、大丈夫かな・・・?」

相続のあれやこれ、分からないことは何でもご相談ください!

相続に関するお問合せは下記のお電話番号または、問合せフォームよりお問合せください。

まずはお気軽にご相談ください