後見制度、相続手続の専門相談センター

後見制度・相続手続・遺言書作成の専門相談センター
株式会社アンサーブ

telephone3.png

souzokumain02.png

HOME > 基礎知識 > 相続放棄方法

相続の基礎知識

相続放棄手続き

被相続人のすべての相続財産を相続せず、最初から相続人でなかったと同じ扱いになるのが相続放棄です。
相続する権利そのものを放棄する手続きです。

相続放棄は家庭裁判所に相続放棄する旨の申述をしなければ、相続放棄したことにはなりません。

手続き方法

  • 1.相続人は相続の開始から3ヵ月以内に家庭裁判所に相続放棄申述書を提出し、相続放棄の申立をします。
  • 2.家庭裁判所からの照会事項に対して回答をします。
  • 3.家庭裁判所から相続放棄の申述を受理した旨の通知書が送られてくる
  • 4.必要に応じて「相続放棄申述受理証明書の交付を受ける



相続放棄の手続きに必要となる主な書類

  • 相続放棄申述書(家庭裁判所のHPからダウンロードできます)
  • 申述人(相続放棄を申し立てる人)の戸籍謄本
  • 被相続人の戸籍謄本
  • 被相続人の住民票の除票(戸籍附票)
  • 収入印紙(1人800円)
  • 返信用の郵便切手(1人400円)※裁判所により異なる
  • 申述人の認印

相続放棄する人によって(相続順位等)、別途書類が必要になることもあります。
申立の際は、家庭裁判所に必要書類を事前に確認しましょう。

相続放棄した方が良いケース

相続放棄をする最大のメリットは被相続人(亡くなった人)の借金を負わなくて済むことです。
相続するプラスの財産とマイナスの財産を比べ、マイナスの方が大きい場合には
相続放棄することが非常に有効な手続きとなります。

マイナスの財産には、被相続人ご本人が作った借金だけでなく、誰かの連帯保証人になっているものも含みます。

相続を承認するのか放棄するのかは、慎重かつ迅速に(相続放棄には期限があるので)決定する必要があります。



分からないことはご相談を!


後見・相続・遺言の専門センターである当社は、簡単なご相談だけでも歓迎です。
いつでも迅速・丁寧を心がけ対応いたします。

「亡くなった姉の子供が相続放棄したらしい、私も関係ある?」
「相続放棄したいのに3ヵ月過ぎちゃってる・・・何とかならない?」

相続のあれやこれ、分からないことは何でもご相談ください!

相続に関するお問合せは下記のお電話番号または、問合せフォームよりお問合せください。

まずはお気軽にご相談ください